excitemusic
記述スタイルは、まとめ あるいは、リンク集、気が向けば ちょっと評論
by highlite
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
キャッシング
from ローン
【セキュリティと暗号化】..
from 旬なキーワードでお得なブログ..
【送料無料】ウェルキャッ..
from スキャナのエプソンとキヤノン
悪質ウイルス「ボット B..
from 便利なソフト
HDDクラッシュ!ハード..
from ハードディスクが壊れた!
迷惑メール条件付で容認へ..
from アクイユガーデン
PLCアダプター
from mathematicsの日記帳
PLCの普及にNTTが後..
from ネット社会 : 今日の動き
★PLC って 便利 便..
from ミラーサイト
「コンセントでネット 品..
from Life goes on
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


厚労省 欠陥ソフトを5か月以上も放置
厚労省 欠陥ソフトを放置
国民が年金などに関する手続きをインターネットで行うために、厚生労働省はホームページ上で特定のコンピューターソフトを提供していますが、このソフトには重大な欠陥があり、利用者がパソコンの情報を盗まれるおそれのあることがわかりました。この欠陥は5か月以上前に見つかっており、厚生労働省は「欠陥を放置したことで利用者を危険にさらしてしまい、申し訳ない。対策を検討している」と話しています。 7月5日 19時44分
厚生労働省の「電子申請・届け出システム」は、インターネットを通じて、健康保険や年金などに関する行政手続きを行うことができます。その際、利用者は厚生労働省のホームページから特定のコンピューターソフトをパソコンに導入しますが、ことし1月、このソフトに重大な欠陥が見つかりました。専門家の調査で、このソフトの欠陥が悪用されると、利用者のパソコンが外部から操られ、情報を盗まれるおそれのあることがわかりました。しかし、厚生労働省は、こうした情報を把握できず、5か月以上にわたって、欠陥が修正された最新のソフトに切り替えたり、利用者に注意を呼びかけたりするなどの対策をとっていませんでした。このシステムの利用件数は、ことし1月から5月までにおよそ4万2000件あり、これまでのところ被害の報告はないということですが、このソフトは社会保険庁でも使われており、利用者のパソコンは、提供されたソフトによって被害を受ける可能性が出ています。これについて、厚生労働省統計情報部の情報企画室では「欠陥のあるソフトを放置し、利用者を危険にさらしてしまい、申し訳ない。情報収集が不十分だったのが原因で、注意喚起を行うなど対策を検討したい」とコメントしています。電子申請のシステムの安全性に詳しい、産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センターの高木浩光主任研究員は「ソフトを提供する場合、利用者を危険にさらさないよう、常に最新の対策を取ることは常識であり、数年前から繰り返し指摘されていたことだ。利用者の安全に最も敏感であるべき国が、5か月以上にわたって、欠陥のあるソフトを使わせていたのはまったく信じられない話で、事実を利用者に公表し、早急に対策を取るべきだ」と話しています。 7月5日 19時44分

これまでのところ被害の報告はないということですが
被害に遭っても気が付かないだけでは・・・
いつものとおり?!NHKニュスは、実状が見えてこない、何かボカされている。
[PR]
by highlite | 2007-07-03 00:34 | NHK news
<< コミュニティ 高齢者のネット利用 大幅拡大 >>