excitemusic
記述スタイルは、まとめ あるいは、リンク集、気が向けば ちょっと評論
by highlite
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
キャッシング
from ローン
【セキュリティと暗号化】..
from 旬なキーワードでお得なブログ..
【送料無料】ウェルキャッ..
from スキャナのエプソンとキヤノン
悪質ウイルス「ボット B..
from 便利なソフト
HDDクラッシュ!ハード..
from ハードディスクが壊れた!
迷惑メール条件付で容認へ..
from アクイユガーデン
PLCアダプター
from mathematicsの日記帳
PLCの普及にNTTが後..
from ネット社会 : 今日の動き
★PLC って 便利 便..
from ミラーサイト
「コンセントでネット 品..
from Life goes on
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


迷惑メールの一大原因「bot」
迷惑メールの一大原因「bot」、国家プロジェクトで撃退へ - ニュース - nikkei BPnet
迷惑メールの一大原因「bot」、国家プロジェクトで撃退へ
2007年1月18日 15時13分
●2006年12月12日。総務省および経済産業省が共同で進める「bot対策プロジェクト」の一環として、bot対策のポータルサイト「サイバークリーンセンター」(略称CCC)が開設された。

2006年12月12日のニュースを1ヶ月以上遅れて何故取り上げたのだろう?

●そこで、サイバークリーンセンター開設の狙いとは何か。botの現状はどうなっているのか。なぜ今、政府レベルでbot対策が必要なのか。両省の担当者に話を聞いた。

担当者(記者)の談話というのが、今(2007年1月18日)発の話題ということのようだ!
だったら、誤解や早とちりを防ぐ意味でもタイトルに工夫があって欲しい。
両省とは、総務省 村上 聡と経済産業省 村野 正泰だった。
両省の担当者を担当記者と思いきや2人は、役人つまり担当官だった!
担当者と担当官は、似たような言い方・表現であるが微妙な違い、もしかしたら大きな違いがある。
(みん)と(かん)との立場の違いである。

だから、2007年1月18日発の話題(ニュース)、官に対する取材?記事だった。

記事本文
ページタイトルは、
企業価値を高める新メールソリューション:迷惑メールの一大原因「bot」国家プロジェクトで撃退へ! 総務省 村上 聡氏、経済産業省 村野 正泰氏
で、このページへ(サイトへ)の誘導・紹介の記事だった。
[PR]
by highlite | 2007-01-24 13:56 | spam
<< 店頭からパソコンが消えた WEB ウェブページを保存 >>